住まいのコラム

家づくりの本音とコツ

| 第 46 号 |

荷物を半分に

2020年7月22日 火曜日

住まいづくりを考え始めると、
ちいさな面倒が積もってきます。

 

建物のことも
収納のこと、間取りのこと、
キッチンメーカーってどこがいい?

 
土地探しから始めるなら、
通勤方法、学校はどうか、値段交渉は?

 
お金のことも心配です。
融資条件はどの金融機関がいいかな?
融資手数料っていくら?
そもそも貸してくれるのかな?

 

すぐに解決できない積み残しが
まとわりついて、
気持ちもフットワークも重くなって。

 

住まいづくりというプロジェクトは、
思った以上に複雑で、すべてを
自分だけの判断で乗り切るのは難しいのです。

  

負担がかかりすぎると
正しい判断ができなくなります。
気持ちに余裕がないと
楽しいアイデアもわきません。

  

頼れる部分があれば、
専門家に肩代わりしてもらうのは
良いことだと思います。

  

ここでいう専門家は、
不動産屋さん、銀行担当者、設計者、
そして全体の流れを整えてくれる人。

  

ひとりで抱え込むことで
発生するリスクを回避できますし、
スムーズにコトが運ぶようになり
気持ちもラクになれます。