ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)への取り組み

私たちは、ネット・ゼロ・エネルギーハウス の普及に取り組みます。

 

 

ネット・ゼロ・エネルギーハウスとは、略してZEH(ゼッチ)と呼ばれ、

1年間に消費する住宅のエネルギー量が、おおむねゼロ以下になる住宅のことです。

 

 

ZEHでいう、消費エネルギー量ゼロの考え方は、

「つくるエネルギー」と「使うエネルギー」を合計してゼロ以下にするというものです。

高い断熱性能で消費エネルギー量を抑えつつ、太陽光発電で使う分をつくるといったように、

「エネルギーの自給自足」を目指します。

 

 

ZEHとともに、Nearly ZEH(ニアリー・ゼッチ)があります。

エネルギー消費量ゼロとはいかないまでも、ZEHに近い基準を満たす住宅です。

公的補助金などでは Nearly ZEH も ZEH と同様に扱われますので、

ZEH と Nearly ZEH をひとくくりにして、ZEH と称する場面が多々あります。

 

 

住まいを計画する人にとって、ZEH や Nearly ZEHは、メリットが大きいと思うのです。

断熱性能に優れた住まいで快適に暮らせる、

それが、エネルギーの自給自足という形で、社会貢献につながる。

さらに、公的な補助金制度があり、普及に向けた支援体制が整っている。

 

 

私たちはハウステップは、より多くの方々に、

ZEH(ゼッチ)という住まいづくりの選択肢があることを知っていただき、

よりよい住まいづくりに、活用していただけるよう尽力いたします。

 

 

ZEH 普及についての意志を明確にするために、 目標を立てました。

2020年までに、受注する住宅のうち過半数を ZEH もしくは Nearly ZEH にします。

 

◆ZEH受諾率目標

 

 

◆年間戸建住宅総建築数

2017年 4棟
2016年 5棟