住まいのコラム

家づくりの本音とコツ

| 第 21 号 |

木材利用ポイントのポイント

2013年11月13日 木曜日

ちょこちょこお問い合わせいただきますので、
木材利用ポイントのことお話してみたいと思います。

 

詳しい内容は、木材利用ポイントのHP(http://mokuzai-points.jp/index.html)にお任せするとして、

ここではざっくりポイントだけ。

 

新築工事の場合、平成26年3月31日 までに着工すれば対象になります。

あとは何といっても木材の量です。

 

今建築中の「3+」も木材利用ポイントに対応した物件でして、
この物件の場合。5立方メートルの基準を満たす木材を使用する必要があります。

 

一般的な仕様では、この基準をクリアするのが少し難しいんですよね。

 

柱や間柱は問題ないのですが、
通常、ハリなどの横架材は粘りの強い米松などを利用しているところが
ほとんどだと思います。

 

それだとこの木材量を満たすには不足なのです。

 

そこをどのようにクリアするのかが
この木材利用ポイント利用のポイント。

 

横架材の一部に国産杉材を設定すれば、
強度面も心配ない上、
30万円相当の木材利用ポイントをいただけるようになるのです。

 

手続きは、住宅会社の方がやってくれますし、
それほど難しいものではないので大丈夫でしょう。

 

参考に杉材を横架材に利用した現場の写真を
掲載しておきますね。

 

いうまでもなく柱や間柱も
すべて木材利用ポイントに対応した
認定木材を利用しています。

 

DSC06771