住まいのコラム

家づくりの本音とコツ

| 第 5 号 |

半径60センチのしあわせ

2013年3月21日 月曜日

こんにちは、kobaです。

お元気でしたか?

 

限りある予算をどう配分するか?

これはですね、建てぬしさんにとってはもちろん、

設計者にとっても非常に切実なテーマなんです。

 

で、住まいの愛着ってどんなところで感じるのだろう?

と考えることになるわけですね。

貴重な予算、せっかくなら最も効果的なポイントに投入したい。

 

やはり手の届く範囲が大切だと思うんですよね。

人間の五感。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のうち

視覚(見た目)、触覚(手ざわり)、嗅覚(香り)

という3つも刺激することができますもん。

手ざわりの音まで含めたら、聴覚を加えて4ついけます。

 

ふれて気持ちがいい。

これが愛着につながると思うんですよね。

 

無垢の床で、ごろごろしたり、すりすりしたり。

パチッといい感触のスイッチとか。

階段の手すりが気持ち良かったり。

半径60センチエリアに

気持ちいいもの配置するだけで

暮らし全体の満足感が違ってくると思うんです。

 

使っていくうちに、じんわり喜びがわいてくる。

愛着ってそんなふうに積み上げられて

いくんじゃないかなって思うのです。

 

*********  あ と が き  **********

 

手ざわり大事だと思うよ。ってお話でした。

 

・・・って、たった一行ですんじゃう話でしたね。(^-^;

長々とお付き合いくださいまして

ありがとうございます。

 

いよいよお花見シーズンがやってきました。

今年は満開も早いんじゃないでしょうか、

ぼちぼち準備しないといけないかなー

なんて思ってます。(^-^)

 

次回は3月28日(木)更新予定です。
ご質問や取り上げてほしいテーマなどございましたら
どんどんお寄せくださいませ。
ではでは楽しい一週間を!
まーた来週ぅー!!

書き手:koba
一級建築士
住宅ローンアドバイザー
福祉住環境コーディネーター
ブログも見てね! http://eplan4u.com