ホームインスペクション(住宅診断)

 
 

 

 

『プロの目で建物を診断し、中立な立場でご報告します。』

 

 

ホームインスペクションは、住宅診断士による建物の健康診断。

 

 

専門知識のない方にもわかりやすい報告書を作成し、

 

問題点があれば対処方法をアドバイスいたします。

 

 

人間の健康診断と同様、

 

病気が見つかった場合に、手術によって排除するのか

 

簡単な治療で様子を見るのかは、ご本人(依頼主)の判断。

 

住宅診断は “判断のもと” を適確にお届けします。

 

 

 

※ハウステップの住宅診断は、住宅の状態を調査し、報告するサービスです。

 

※中立性・第三者性を守ります。

 

※調査資料をもとにリフォーム等のご提案をすることは一切ありません。
 
※長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金申請に対応できます。
 
※北九州移住推進事業(定住促進支援)補助金申請に対応できます。
 

 

INSPECTION 1.
基本調査(一次診断)
目視による総括的な診断。

 

床の下がりを測ったり、内外の壁・床・天井の痛み具合、設備の状態などを隅々までチェックし報告書を作成します。

 

調査料金 / 54,000円 

調査時間 / 4〜5時間程度
INSPECTION 2.
オプション(二次診断)
床下詳細調査 21,600円

 

屋根裏詳細調査 21,600円

 

特殊専門機材使用 64,800円

 

一部解体による調査 料金は調査内容によります。
FLOW.
診断の流れ
    • 1. 診断業務の流れと調査方法のご説明(無料)

 

    • 2. 住宅診断(ホームインスペクション)のお申込み

 

    • 3. 住宅診断の実施

 

  • 4. 診断報告書を提出し、診断結果の解説をさせていただきます

 

| 住宅診断のケース | 「中古住宅の購入を決断できた!」

不動産業者さんからの依頼で、中古住宅の住宅診断をおこなうことになりました。購入希望者の方が、建物の状態に不安をもち決断しきれないでいたので、住宅診断をおこなうことで、その不安をなくすことはできないか?と考えられたのです。住宅診断の結果、不具合箇所が2か所発見されました。屋根からの雨漏りと、浴室の給水管のもれでした。この結果を聞いた購入希望者は、「そのままの状態で購入したい。」ということになりました。「どうせ水まわりはやり替えるつもりだったし、屋根の葺き替えは迷っていたが決心がついた。すぐに壊すとわかっている部分を修理してもらうより、そのまま購入したほうが気分がいい。」とおっしゃるのです。不動産業者さんが問題箇所をはっきりさせたことで、購入者は気持ちよく決断できました。ハウステップは、判断しやすい資料を提供します。ご興味があれば、すぐにお問い合わせください。

ホームインスペクター 原田廣美

公認ホームインスペクター認定会員 H000497
内閣府認証NPO法人
日本ホームインスペクターズ協会 公式ホームページ