住まいのコラム

家づくりの本音とコツ

| 第 31 号 |

ポタジェとコンプラ

2016年5月12日 木曜日

「いつもバタバタ、そんな私でも楽しめる庭。」を探求する、住まいの建築士kobaです。(^^)

 

今日のコバナシは、「ポタジェ」

 

ポタジェとは、野菜や草花やハーブなどを見栄えよく混植する庭のことです。
農家さんみたいに、同種の野菜を大量生産するのではなく、
観賞用の草花とともに野菜やハーブといった実用的な植物も一緒くたに育てます。
鑑賞できて、食べられるのがポタジェ。

 

家庭のニワですから、いろんなタイプの野菜が育つほうが楽しいでしょ。自分で育てた野菜を食べられるなんて、言葉にできない感動です。しかも、美味しくて安全。(^^)

 

ポタジェガーデンだと、農業感がないせいか、義務感やプレッシャーもやわらぎます。それもいいところですねー。
多様なものが混在することでリスクも分散できますし。
だんだん育つ緑を眺めたり、土に触れたりするだけでも、ほっとしますよ。

 

まずは、好きな野菜のこと調べてみるのも楽しいですよ。植える時期とか、日当たりの好みとか。
ちなみに私の原点は、ご近所の方がくださった ぶどうの苗 でした。そこから広がって、ほかの野菜類にも興味を持つようになりました。
庭には葉っぱと木さえあれば十分だと思ってたんですが、変わるもんですね、ちょっとしたきっかけで。(^^)

「晩ごはんは、ポタジェの収穫で!」なんて。ぜひぜひ妄想。

今からですと、ナス、トマト、マメといった夏野菜が間に合いますね。苗から育てる形になりますけど、タネからより失敗も少ないし。収穫までの期間が短いので割と早く収穫を楽しめます。

 

トマト植えるなら、ぜひ、ニラも一緒に植えてみてください。ニラはトマトのコンパニオンプランツなんです。

 

コンパニオンプランツとは、一緒に植えると良い影響をもたらす、相性のいい植物のことで、ニラはトマトを守ってくれます。ニラの匂いを害虫が嫌うんです。コンパニオンプランツの組み合わせ、たくさんあるので調べてみると面白いですよ。

 

ではでは。(^^)