住まいのコラム

家づくりの本音とコツ

| 第 29 号 |

壁の内側。石膏ボードの話。

2015年5月18日 水曜日

壁仕上げの下地材には、石膏ボードを使います。

 

珪藻土のような塗り壁でも、

塗料で仕上げる場合でも 、

ビニールクロスにする場合でも。

 

いったん部屋を石膏ボードでくるむのが基本です。

なぜ石膏ボードでお部屋をくるむのかというと、

石膏ボードって延焼をおさえる力がスゴイから。(^^)

 

石膏は、自分の中に結晶水を含んでいます。

火事などで高温になったとき、この結晶水を水蒸気に変え吐き出し、

火の回をおさえてくれるのです。

厚さ12.5ミリの石膏ボードの場合、約20分間燃えずにがんばってくれます。

初期消火に役立ちますよね。

 

ちなみにハウステップでは2色の石膏ボードを使い分けています。

一般用と水まわり用です。

お部屋や廊下などは、クラフト紙のようなベージュ色の石膏ボード、

脱衣室やトイレには、薄いグリーンの「耐水石膏ボード」。

直接水が掛かることもないでしょうけど、念のため。

DSC07582

もし現場見学などで、石膏ボードをご覧になる機会がありましたら

色違いの石膏ボード探してみてくださいね。(*^^*)

 

koba