住まいのコラム

家づくりの本音とコツ

| 第 6 号 |

何をイメージしたらいいの?

2013年3月27日 火曜日

こんにちはkobaです。
いかがお過ごしですか?

今回はですね、
住まいづくりするときに
暮らしのどんなシーンをイメージすると
うまくいくのかについて考えてみたいと思います。

設計するときは色んな場面を考えますよ。

家事の場面はもちろん大事ですね。
炊事、洗濯、お掃除。

洗濯ものをどこに干し、どこでたたむ。

なんて家事動線を意識しながら間取りを考えます。

 

家族でテレビを見る様子も思い浮かべます。

同じ方向を向き同じタイミングで笑う、なんてのもいいでしょ。

 

趣味の自転車いじりはどこでやるか、とか、その道具はどこにしまうか。とか。

暮らしかたを具体的にイメージすることで間取りが自然に固まってきたりします。

 

いちゃいちゃ、とか、だらだら、とか。(^-^)

家族と暮らす住まいならではの場面。

そんな風景をイメージするのも大事ですよ。

 

私ですね、すごーく極端にいえば、
家族がいちゃいちゃできる空間を
目指して設計してるといっても過言ではありません。

何でもない時間をいかに気持ちよく過ごせるかで
住み心地って決まると思うんです。

なので、ごろごろして気持ちいい床とか、
陽だまりをつくる窓とか。

本を読んだり、
お昼寝したり。

室内だったり、
縁側だったり。

キッチンからお茶を運んだり。

のんびり、だらだら、いちゃいちゃ。

そんなときに幸せを感じること
あるんじゃないかって思うんです。

*********  あ と が き  **********

いよいよ新年度がやってきますね。

卒業したり、進級したり
お仕事の環境が変わったり
されるかたもあるのでは?

私自身の暮らしには大した変化はないんですけど、
周りの人たちから新しい暮らしに向けたワクワクするお話を伺っては
自分のことのようにワクワクしております。
ワクワク泥棒(笑)

新しいことに挑戦してみたいなぁって思ってます。
なにかオススメありませんか?

 

ご質問、取り上げてほしいテーマなどございましたら
どんどんお寄せくださいませ。
ではでは楽しい一週間を!
まーた来週ぅー!!

書き手:koba
一級建築士
住宅ローンアドバイザー
福祉住環境コーディネーター
ブログも見てね! http://eplan4u.com